青汁について調べているブログです。おすすめの青汁を紹介しています!

健康食品の代表である青汁。ホウレン草やケールなど日常の食事ではなかなか取れない緑色の野菜を簡単に身体に取り入れることができます。ビタミンやミネラルの力を最大限に引き出してくれる青汁の効果。今回はそんな青汁に使われている野菜を紹介していこうと思います。

昔は苦かった青汁の理由

今ではこのように言う人は大分少なくなりましたが、青汁といえば健康には素晴らしい効果があるけれど、マズくて飲めないもの。そんなイメージがありました。テレビなどの罰ゲームで青汁を飲んで苦い演出をする芸能人を見たことがある人もいるでしょう。それくらい昔の青汁は苦味が強い飲み物でした。

昔の青汁の苦さの理由は「ケール」という野菜です。ケールという野菜はブロッコリーyキャベツと同じようにアブラナ科に属するモノです。ヨーロッパでは一般家庭で使われることも多い野菜ですが、日本ではあまり馴染みがない野菜でしょう。青汁の健康効果の秘訣ともいえるケールですが、苦味が強いのが難点になります。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているケールは「野菜の王様」の異名があるほど、健康にいい野菜です。しかし、その分、ほかの野菜に比べて苦味が強いのも事実です。昔の青汁は健康効果を追い求めるあまり、ケールの配合が多い商品が多く、苦味が強い青汁が出来てしまいました。ドライアイや美肌に効果があるビタミン・ミネラルが豊富に含まれているのに美味しくなく、長続きしない人が青汁を購入した人で続出しました。

飲みやすい青汁の秘密

今では味の改良が進められ、昔に比べ大分飲みやすい青汁ができるようになりました。ケールの配合量を減らし、抹茶や大麦若葉などケールには及ばないものの青汁の健康効果を下げない野菜を配合するようになったのです。野菜の種類によって含有する栄養素が異なるので注意したいですね。

特に大麦若葉はとても魅力的な野菜です。現在の青汁が昔に比べ、飲みやすいなったのは大麦若葉の魅力があったといっても過言ではないでしょう。ケールに負けず劣らずの豊富な栄養素、SOD酵素という大麦若葉特有ともいえる栄養素は多くの分野から高い関心が寄せられています。抗酸化作用を高める大麦若葉は今のドリンクタイプの青汁も美味しくのめる人が多く、日本茶のようなほどよい苦味と同時に楽しめるでしょう。

健康食品でオススメの青汁

現在、販売されている青汁はドリンクタイプをはじめ粉末などいろいろな種類があります。共通しているのは昔に比べ、大分美味しく飲みやすくなったことです。是非、あなたのオススメの青汁を探してみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ