青汁について調べているブログです。おすすめの青汁を紹介しています!

日本では大きな地震が続き、風水害も絶えることがありません。このような災害時の避難生活で欠かせない備蓄食料として、青汁が注目されています。

避難生活で最も食べたかったのは野菜

NHKの「備える防災」によれば、阪神・淡路大震災の発生後の調査で、いちばん食べたかった食べ物は野菜だったという結果がでています。避難所に入ったあと、野菜不足により約4割の人が便秘になり、体調が悪くなったとアンケートに答えています。

東日本大震災でもおなじことが起こったので、便秘を訴えた人にサプリメントや野菜ジュースを配った結果、ダイエット便秘がおよそ5分の1に減ったという大きな効果がありました。

なぜ災害の時に野菜が不足するか

野菜不足になる原因を以下にあげます。

  • 個人が用意している非常食にはカンパン、アルファ米、インスタント麺などの主食である炭水化物が多く、野菜類が大切だという意識がない。
  • 自治体の救援物資も主食にかたよっていて、野菜がない。
  • 交通、流通の悪化により野菜が入手しにくくなる。
  • 仮に野菜が入手できても、水道や電気、ガスなどのライフラインが止まっていて料理ができない。
  • 野菜は腐りやすくて保存できず、生野菜を食べるのは不衛生で危険。

非常食として青汁が優れているわけ

このように野菜不足となる災害時に備えて、青汁の備蓄がおすすめです。以下にその理由を列挙します。

  • ビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維など、主食やレトルト食品からはとることができない栄養が豊富。
  • 粉末タイプのものであれば、賞味期限が1~2年で長く保存ができ、かさばらない。
  • 粉末を水に溶かすだけで手軽に飲むことができる。
  • いろいろなタイプが市販されており、粒タイプや缶タイプなら水がなくても飲むことがでる。
  • おにぎりやカップラーメンなどを主食として食べ続けることになるため、災害時は塩分過多になりやすい。しかし青汁に含まれるカリウムに塩分などを体の外に出す働きがあるため、塩分過多を解消する手助けとなる。
  • 野菜不足を補う健康食品として、普段から飲めば一石二鳥。

ローリングストック法により、普段から青汁を利用し、備える

ローリングストック法とは、期限切れなどによる備蓄食品の廃棄が出ないように普段も食べる事が出来る非常食をまとめ買いして足りなくなったら買い足すというのを繰り返す備蓄方法です
日常生活においても野菜不足になりがちな人は、多めに青汁を用意して、ローリングストック法で食べまわしつつ、災害に備えると

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ